腸内環境は善玉・悪玉のバランスが取れていることが大切

便秘サプリ辛口活用術の閲覧ありがとうございます!便秘サプリっていうのは、実際にはどうか、真相を検証することを目指してチェックに乗り出したのです!うわさの情報を土台として、便秘サプリを一生懸命調査したので確認お願いします! - 腸内環境は善玉・悪玉のバランスが取れていることが大切

腸内環境は善玉・悪玉のバランスが取れていることが大切

慢性的に便秘になっている人の場合、その腸内環境が乱れていることは大いに考えられます。

善玉菌、悪玉菌という言葉もよく言われますが、便秘解消とどういった関係があるのでしょうか。

腸内フローラにはバランスがあります

腸内には大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が、およそ600兆個存在していると言われています。
その菌類が種類ごとに固まってびっしりと生息している様がお花畑のようだということから腸内フローラと呼ばれています。
このように腸内を構成する菌は100種類以上あり、人によってその比率や種類は違いますが、健康的な腸の菌の比率は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7とされています。
日和見菌は善玉・悪玉どちらにも属しない菌ですが、その時多いほうの菌と同調して作用します。
腸内環境は菌のバランスが保てているということが大切ですので、善玉菌ばかりを意識するのではなくて悪玉菌を増やさないように心がけることも大切です。

善玉菌を上手に増やそう

悪玉菌が優位になっている腸内では便秘だけではなく、体の不調も起こるようになってきます。肌荒れや肩こりなどお腹とは関係のない部分にも症状が現れます。
そのためには善玉菌を増やすことが重要になってきますので、善玉菌を増やすためには発酵食品や乳酸菌のヨーグルトや飲料などを積極的に取ることが大切です。
乳酸菌は悪玉菌の定着・増殖を防ぎますし、便秘解消で注目されているオリゴ糖はこの善玉菌のエサとなって作用しますので、腸に届けた善玉菌を積極的に増やすことができます。
善玉菌は摂り続けないことにはどんどん排出されていきますので、過剰に摂取しすぎる心配もありません。
体にいいからと一時期にたくさん食べても、継続しないことには善玉菌の量を維持することはできません。

まとめ

便秘解消には善玉菌を増やすことも大切ですが、同時に悪玉菌を増やさないことも大切です。
善玉菌を増やす食生活と、悪玉菌を増やさない食生活の両方を心がけることは、便秘解消には重要なことです。

Copyright(C)2016 www.iwif.org All Rights Reserved.