赤ちゃんの便秘は慢性化する前に食生活とマッサージで対策しよう

便秘サプリ辛口活用術の閲覧ありがとうございます!便秘サプリっていうのは、実際にはどうか、真相を検証することを目指してチェックに乗り出したのです!うわさの情報を土台として、便秘サプリを一生懸命調査したので確認お願いします! - 赤ちゃんの便秘は慢性化する前に食生活とマッサージで対策しよう

赤ちゃんの便秘は慢性化する前に食生活とマッサージで対策しよう

お通じがなくてお腹が張っていると、赤ちゃんでも機嫌は悪くなってしまいますね。

赤ちゃんはまだ腹筋もそれほどありませんので、ほっておくとどんどん便秘は悪化してしまいます。
赤ちゃんの便秘解消に良い方法があるのでしょうか。

水分補給と食事のバランス

赤ちゃんの体はまだ発達途中ですので、胃や腸もまだ未発達です。
母乳の頃の赤ちゃんの便秘の原因は、母乳不足が考えられますので母乳を飲ます回数を増やす、ミルクを足すといった方法で水分補給するとお通じもスムーズになります。
また離乳食が始まると、腸内環境も食品によってガラリと変わってしまいます。

今まで液体だった生活から固形のものに変わっていくことで、当然ながらお通じの頻度は減ってはしまいます。
ですが食べた食品の種類によっては何日もお通じがなく便秘になってしまい、お腹が張って機嫌が悪くなることもあります。
便秘気味な赤ちゃんには食物繊維を含むさつまいもや、ヨーグルトなどの乳酸菌を少しずつ与えて様子をみてください。

マッサージや運動で便秘解消

食事や水分に気をつけているのになかなか便秘解消されない場合には、赤ちゃんのお腹をマッサージしてあげることがオススメです。
一日に何度か時計周りに「の」の字を描くように大きく、お腹をマッサージします。
赤ちゃんがいきんでいて苦しそうな時にも効果的です。
またおむつ換えでおむつを脱がせた時には、新しいおむつを履かせる前に足を持って動かして運動をさせてあげます。
股関節脱臼の心配がありますので、無理のない範囲で行います。適度な運動で腸のぜん動を促すことができます。
その時、赤ちゃんの肛門まわりを指の腹で優しく押さえてマッサージしてあげることも、自然なお通じを促すことになります。

まとめ

赤ちゃんはどこか具合が悪くっても自分でそれを伝えることが出来ません。
赤ちゃんからのサインに早めに気付いて、マッサージをしてみたり、ちょっと離乳食を工夫してあげることで悪化する前に便秘解消をしてあげることができますよ。

Copyright(C)2016 www.iwif.org All Rights Reserved.